2018.02.09

第9回阿南まちゼミ 「インテリアパネルを作ろう」

まちゼミとは?
【街のお店の人が講師となり、専門店ならではの専門知識や情報、コツを無料で教えてもらえる「まちの中のゼミナール」です。
阿南の商店の活性化を目的に2013年からスタートし、今回が9回目となります。】


27073126_1844254902539684_7520362988124673754_n.png


2月8日(木)、まちゼミ初日にsan-aiでは講座を開きました。
当店はファブリックスが主な商品ですが、輸入壁紙、ペイントも最近よく問い合わせがきます。
ドラマやCMでもよーくみると壁紙、いろんなところに出てきます。

輸入元はオランダ、イギリス、フランス、北欧・・・ヨーロッパが多いです。
家のなかで自然を感じたり、まだ見ぬ土地へのあこがれだったり、いろんな思いが
デザインに込められていてます。素材も壁に貼ると引き立つように
少し光沢があったり、立体感があったり。

そんな輸入壁紙の世界をパネルにぎゅっと閉じ込めて、日常を楽しんで
いただきたいと思い、私は毎回この講座を開設しています。
(講座指導に必死であまり写真が撮れませんでしたが)



machi3.jpg

柄決めから、わくわく。
どれにしよう・・と迷うのもまた楽しい。


machi2.jpg

細かい作業もあります。皆さんもくもくと・・約1時間。


machi1.jpg

お気に入りの一枚が出来上がりました!


今回のまちゼミの開催期間は2月8日~3月4日まで。
まだまだほかのお店の講座は受付していますのでぜひ参加してみてください。

阿南まちゼミチラシ



Posted at 13:43 | イベント | COM(0) | TB(0) |
2018.01.16

【JAPANTEX】 展示の解説セミナーを大阪で開催します

 来たる2月27日大阪天満橋ドーンセンターにて、昨年東京ビッグサイトでデザイン展示した「WindowsParadise」の解説セミナーをすることになりました。

窓装飾の女神(と私は思っています)木村さちこさんと、同じくデザインと展示され、会場でトークショーも行われた京都のCBSOWM吉川信也さんとともに私もお話させていただきます。

人前で話すことはこれまでも何度かありましたが、PTAや地元の集まり程度で・・・
このように自分の名前を出しての話は初めてです。
昨年のJAPANTEX、関東圏の来場者が多く、
業界でもまだまだ行ったことがない人は多いです。
地方で仕事してる者としてお伝えできることがあると思って
(再びキンチョーで吐きそうになるかもしれませんが)
がんばります。

今回はインテリアコーディネーターさん、または窓装飾プランナーさん30名限定です。
該当する方、ぜひご参加くださいませ。

180111_skill_up_seminar.jpg

Posted at 16:35 | イベント | COM(0) | TB(0) |
2018.01.06

新年あけましておめでとうございます。

fc2blog_20180106111619069.jpg
元旦に阿南のお松大権現を参拝してきました


2018年が始まりました。

おかげさまで年始から、何件かお取り付けの予定。
1年の始まりを気持ちいい新しいカーテンとともに。

また、昨年東京でのWindowsParadiseデザイン出展つながりで、
新たな展開も始まりそうです。

今年も、心を積極的に、自分たちらしく「窓道」を進みたいと思います。
本年もどうぞよろしくおねがいいたします。


Posted at 12:20 | その他 | COM(0) | TB(0) |
2017.12.29

2017年ありがとうございました

今年もあとわずか。
納品のお客様もほぼ終わり、明日で今年の営業は最後です。

我々が今年も元気に過ごせたこと。
訪英しモリスゆかりの地をまわったこと。
JAPANTEXに出展させていただいたこと。

そして何より、多くのお客さまとご縁をいただいたことに
深く感謝いたします。
来たる2018年もまた新たな目標をもってちょっとずつ
精進してまいります。

どうぞみなさま よいお年をお迎えください。
来年も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。

CURTAIN SHOP san-ai
代表 吉積和重

IMG_0037.jpg




Posted at 18:55 | その他 | COM(0) | TB(0) |
2017.12.11

こうキタか!ウィリアムモリスの新コレクション

12月になりました。
先月のイベントを終えて、また、徳島で窓周りを考えるゆったりした日々に戻っています。
今日は新しいウィリアムモリスのブックが入荷したのでその一部をご紹介します。

ウィリアムモリスって?

写真 2017-12-11 11 50 07

世界的なベストセラーである『MORRIS ARCHIVE/モリスアーカイブ』の第4弾となる
今回のコレクションに付けられたタイトルは、『THE COLLECTOR/ザ・コレクター』。

デザイナーとしてだけでなく、ペルシャ絨毯やインドの染色テキスタイルの専門家という顔も持ち合わせていたウィリアム・モリスが、彼個人の収集品やオリエントのテキスタイルから刺激され創作したものを基につくられたコレクションです。
8柄のプリント生地と刺繍生地は、カーテンやクッション用のファブリックとして空間をクラシカルながらもモダンな光が指す美しい世界へと演出してくれます。(マナトレーディングHPより)
マナトレーディング William MorrisアーカイブⅣ

写真 2017-12-11 11 50 29
IndianLoop リネン85% ポリエステル15% ¥17830/㎡

(上)オリエント地方の結婚式など特別な儀式用テキスタイルに見られる代表的な刺繍技法チェーン・ステッチで作られた大きなメダリオンのデザインは、目の肥えた19世紀のコレクターに人気でした。(マナトレーディングHPより)
細かいチェーンステッチで直径70㎝ものサークルデザイン。手仕事を大切にしたモリスの想いが伝わってくるようです。


写真 2017-12-11 11 50 58
Bullerswood レーヨン85%リネン15% ¥12290/㎡


(上)1893年開催のアーツアンドクラフツ協会の展示会で発表された、マートンアビー工房による手織りカーペットからインスパイアされた「Bullerswood」。恐らくケルムスコットハウスの食堂に飾られていた大きなペルシャ絨毯を基にしたとも言われており、伝統的なペルシャの花瓶デザインのカーペットのような柄です。(マナトレーディングHPより)
ざっくりと織られた生地に、憎めない表情の鳥が効いています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のコレクションは、モリスらしからぬ・・といえばそうなのかも。
前回のピュアモリスはモノトーンで、これも想定外によかったけれど
今回はぐっと温かみのある雰囲気です。
東洋や遊牧民をイメージさせる大胆で素朴な
デザインが多く見られました。
ブックは無地のツイード生地と合わせてあったり
椅子張りやタペストリーでも素敵。
いろんなスタイルで楽しめそうです。


すべて海外取り寄せ品になります。
当店にコレクションブックがございますので、ご覧ください。

マナトレーディング William MorrisアーカイブⅣ




Posted at 17:34 | カーテン | COM(0) | TB(0) |